「シャッタースピード」とは?

シャッタースピードは、シャッター幕を開けている時間になります。下記で記載しているのは、一秒未満のスピードの場合です。
4000となっているのは、「1/4000秒」ということになります。

シャッタースピード(1/2段ステップ)
[1つ飛ばしの数値が1段変化となります。]
4000 750 125
3000 500 90
2000 350 60
1500 250 45
1000 180 ・・・

※1/2段ステップとは、光の量を0.5倍ずつ変化させる設定です。1/4000から光の量を2倍にするときは、1つ飛ばしで変化させて1/2000を選択。

シャッタースピード(1/3段ステップ)
4000 1250 400
3200 1000 320
2500 800 250
2000 640 ・・・
1600 500  

※1/3段ステップとは、光の量を約0.33倍ずつ変化させる設定です。1/4000から光の量を2倍にするときは、2つ飛ばしで変化させて1/2000を選択。

シャッタースピードの違いで、撮る写真の何が違ってくるかということですが、一番大きいのは動いているものを撮影した場合に、動きがピタッと止まって写るか、ブレたように写るかです。

シャッタースピード速い
シャッタースピードが速いと水の動きが止まります。
ISO3200 シャッタースピード:1/2000 絞り:F4
シャッタースピード遅い
シャッタースピードが遅いと水が流れる雰囲気になります。
ISO200 シャッタースピード:1/8 絞り:F19

「シャッタースピード」について理解しておくべきことは、シャッタースピードを早くすると、動いているものの動きを止めて撮影ができます。シャッタースピードを遅くすると、動いているものを動いているように撮影ができます。
PAGE TOP
Share