PHOTO

2016年:桜のお花見-京都・大阪

日本の春に欠かせないのが、「桜」。そして、お花見のときに見る「桜」で有名なのは「ソメイヨシノ(染井吉野)」です。ところで、知ってます?「ソメイヨシノ(染井吉野)」は、エドヒガンとオオシマザクラを交配させてつくり、その後は、挿し木によって増やされているクローンであるということ。

「ソメイヨシノ(染井吉野)」は、自家不和合性(じかふわごうせい)が強い品種ということで、ソメイヨシノ自体の自分の受粉では、受精して実をつけることができません。確かに、そう聞くと、お花見を楽しんだあと、桜の実が沢山なってというのはみたことありませんよね。

他のサクラとの交配は可能なので、実をつけることは可能ですが、そこから発芽したものは、「ソメイヨシノ(染井吉野)」とは、別品種になるということです。

以前、たまたまサクラの実がなっているのを見つけたことがあります。さくらんぼの実が小さいやつって感じです。

何のさくらと交配したのかわかりませんが、これが発芽したらどんなサクラになるんでしょうね。

2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜
2016年:桜

PAGE TOP
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です