BIRD, MOVIE, PHOTO

ミヤマホオジロのお食事タイム:摂津峡(大阪北摂 高槻市)

ミヤマホオジロ
Share

野鳥を探すとき、止まっていそうな木を探す、鳴き声に耳をすましてて声の聞こえてくる方向を探して見る。もうひとつは、立ち止まって集中しすぎないように視界を広くてあたりを見渡す。そうすると動くものが視界に入るとよくわかるようになってきます。

このミヤマホオジロも何度か目撃した場所に近いところで立ち止まって動くものはないかとあたりを見渡したときに見つけました。体の色が自然の風景に溶け込む色をしているので、
動いていないとなかなか見つけにくいです。

距離的には、3~4m先ぐらいでしょうか。常にあたりを警戒しながら餌を食べていますが、以外と逃げずにとどまってくれているので撮影するほうとしてはありがたいです。

ミヤマホオジロは、名前を漢字で書くと「深山頬白」。全長は約16cm程。平地から丘陵にかけての開けた森林や林縁に生息し田んぼなどの開けた場所にでることはほとんどないということです。

食べているときに頭の毛が立ってくるのがなんだかかわいいですね。モヒカンぽい感じに見えます。頭の上の黒と黄色の冠羽を持つのはオス。メスは、淡褐色。

下の画像は、動画をキャプチャーしたイメージです。

ミヤマホオジロ(撮影:摂津峡)
ミヤマホオジロ(撮影:摂津峡)
ミヤマホオジロ(撮影:摂津峡)
ミヤマホオジロ(撮影:摂津峡)
ミヤマホオジロ(撮影:摂津峡)

PAGE TOP
Share